ファンタジーファンなら行くべき! 見応えあるヨーロッパの美しい街や村 5選

世界には息を飲むような光景が広がる村があります。
今回は一度は絶対訪れたいヨーロッパの美しい街や村を5つ、ご紹介します。
まだ日本人には知られていないけれど見応えがあり、行く価値がある場所を厳選しました!

1. コルマール(フランス)

コルマールの運河

国    :フランス
地域   :オー=ラン県
人口   :67,000人
人口密度 :1010人/㎢
主な産業 : 電気機器 電機部品製造 製薬業

フランスのアルザス地方、ドイツとの国境に隣接するコルマール。
石畳が美しくおとぎ話に出てくるような世界が広がっています。
ここはディズニー映画「美女と野獣」やジブリ映画「ハウルの動く城」のモデルになった場所としても知られ、
多くの家は木枠やカラフルな花を使ってデコレーションされており、中世の雰囲気が漂っています。
クリスマスの時期はクリスマスマーケットが開かれより幻想的な光景になります。

2. ロコロトンド(イタリア)

国    :イタリア
地域   : ブッリャ州バーリ県
人口   :14,000人
人口密度 :300人/㎢
メモ   : F1ドライバーのヴィタントニオ・リウッツィが生まれた地

イタリアのブーツのかかとの場所、プーリア州にあるロコロトント。
日本人にも人気の町、あのアルベロベッロの隣りにあります。
旧市街は「イタリアの美しい村百選」にも選ばれています。
白い家々と石畳にバロック建築が目を惹く町並みはとても可愛らしく
夏は多くのイタリア人観光客で賑わいます。
細い路地を歩くと探検気分で散策できます。
小さな場所ですので徒歩で十分周れます。

3. フリヒリアーナ(スペイン)

国    :スペイン
地域   : アンダルシア州マラガ県
人口   : 3,000人
人口密度 : 75人/㎢
メモ   : イスラム時代から続く街並みを、村を挙げて保存している

スペイン一美しい村ともいわれているフリヒリアーナ。
アンダルシア地方・マラガ県にあります。
丘の上にあり白い町並みが広がっています。
スペインには白い村がいくつかありますが、
その中でもフリヒリアーナは1位2位を争う人気のある村です。
グラナダやマラガからバスで行くことができます。
散策がとにかく楽しいので地図を持たず思い切って迷いましょう。
展望レストランがあるのでここでスペイン料理を味わって景色を堪能するのもよいでしょう。

4. モスタル(ボスニア・ヘルツェゴビナ)

国    : ボスニア・ヘルツェゴビナ
地域   : ヘルツェゴビナ・ネレトヴァ県
人口   : 100,000人
人口密度 : 95人/㎢
メモ   : イスラム文化とヨーロッパ文化が融合した独特の街並み

ボスニアの古都であるモスタル。

オレンジの屋根にエメラルドグリーンの川が美しいモスタル。
ここはかつてボスニア・ヘルツェゴビナ内戦が行われた場所であり
町中に掛かっている橋「スターリ・モスト」は負の世界遺産として登録されています。
現在は過去に惨劇が起きた場所とは思えないほど美しく絵画のような世界が存在しています。
スプリットやドブロブニクなどクロアチアからの日帰り観光も可能ですので
一緒に観光するのもいいですね。

5. ローテンブルク(ドイツ)

国    : ドイツ
地域   : バイエルン州ミッテルフランケン
人口   : 11,000人
人口密度 : 250人/㎢
メモ   : 中世ドイツの歴史とメルヘンを存分に感じることができる

中世の宝石とも呼ばれるローテンブルク。
ドイツのロマンチック街道にある美しい村です。
昼間は多くの観光客で活気のある場所ですが、夜は静かで落ち着いた雰囲気に。
日没後のライトアップでより一層ロマンチックな風景になります。
日帰りツアーですと2、3時間の滞在なのでできれば泊まりで行かれることをおすすめします。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
その場所でしか見ることのできない独特な世界が広がる世界各国の美しい街や村。
どの場所もバスが運行されているので、ツアーに参加しなくても個人でアクセス可能です。
個人で行けば時間を気にせずのんびり思い思いの過ごし方ができるのでおすすめです。
季節によっても景色が変わるので、ぜひチェックされてみてはいかがでしょうか。

文/saori

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA