【オーストラリア】世界屈指の美しい自動車道「グレートオーシャンロード」を走ろう

写真提供:Visit Victoria

オーストラリアメルボルン近郊の海岸に沿って走るグレートオーシャンロードは世界でも屈指の美しい自動車道として知られています。入組んだ道路をドライブするだけでも楽しいですが、沿線には見所が多いので、途中立ち寄りながら観光を楽しむことができます。

グレートオーシャンロードの特徴

写真提供:Visit Victoria

グレートオーシャンロードは、トーキーからアランズフォードまで243kmに渡って伸びる海岸線の自動車道です。道路は入組んだ海岸線に合わせジグザグ形状を成しており、スリルのあるドライブを楽しむのにぴったりのところです。また途中、灯台、サーフビーチ、リゾートエリア、断崖絶壁など見所が多く、ビクトリア州(州都メルボルン)では最も人気のある観光スポットになっています。

メルボルンのお得な航空券はコチラ

サーフビーチ

写真提供:Visit Victoria

グレートオーシャンロード沿いには出発点のトーキーを初めベルズビーチ、ジャンジャックビーチなどサーフィンのできるビーチがいくつかあります。この中でも特に、ベルズビーチでは毎年イースターの時期になると「リップカールプロ」という国際的なサーフィンの大会が開かれます。

リゾートタウン「ローン(Lorne)」

写真提供:Visit Victoria

ローンは、海岸に森が迫り、日本の伊豆半島を思わせるような風情のあるエリアです。そのため、宿泊施設やレストラン、ショップなども数多くあり昔からリゾートエリアとして発展してきました。ここでは海水浴の他、森林の散策が楽しめます。日帰り旅行なら、ここで休憩したりランチを取るのが良いですが、ゆっくり旅したいときには、ここで1泊することをおすすめします。

ケープオトウェイ灯台

写真提供:Visit Victoria

1848年に建てられたケープオトウェイ灯台は、グレートオーシャンロードの最も海に突き出た地点にある灯台で、オーストラリアの現存の灯台の中では最古のものです。グレートオーシャンロードの周辺の海は岩場が多く、昔から座礁する船が多かったため、この灯台は重要な役割を果たしていました。

夕焼けが美しい「12使徒」

写真提供:Visit Victoria

12師徒」とはキリストの12人の弟子のことですが、ここでは断崖絶壁の海岸にそって点々と並ぶ12個の奇岩(現在は風化により減少)のことです。グレートオーシャンロードはこの先もまだ続きますが、12使徒のこの地点がグレートオーシャンロードの主要観光スポットになっています。ここでは12使徒の展望と周辺エリアの散策が楽しめます。特に夕暮れにはピンク色に染まった空が断崖に映え、見事な光景を造り出します。

グレートオーシャンロードの口コミをチェック!

アクセス

グレートオーシャンロードを旅するときに一番良いアクセス方法は、メルボルン空港でレンタカーを借りてドライブすることです。オーストラリアは日本と同じで車は左側を走り、メルボルン空港からは市街を通らないで、高速道路に乗れるので運転も比較的簡単です。ただし運転に自信がない場合は、日本語による日帰りツアーがあります。

公式サイト:https://www.visitgreatoceanroad.org.au/
住所:Great Ocean Road, Victoria, Australia
レンタカーの予約:https://www.rentalcars.com/CountryLandingPage.do
日本語ツアー:Mr.ジョンツアー http://www.mrjohntours.com/

まとめ

メルボルンから車で3時間ほどで行けるグレートオーシャンロード。美しい海岸線に沿った自動車道で、途中にも見所がたくさんあります。サーフビーチも多く、リゾートもあり、時間がゆるせばゆっくりと楽しみながら観光することをおすすめします。

文/Setsuko Truong    写真協力/ビクトリア州政府観光局



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA